女性エンジニアのお仕事ライフ

女性エンジニアのキャリアプラン

キャリアプランを考えながら

キャリアプランを考えながら

女性エンジニアとして今後のキャリアプランについて考えていきましょう。女性の場合結婚や出産を機に現場から離れる事が多く、特にエンジニアは仕事の特性上プロジェクト単位で業務が進む為に急な残業や出張が多く、家庭の事情を抱えたまま働き続ける事が困難です。そういった状況の中で今後も女性エンジニアとして活動し続ける為にはどうしたら良いのでしょうか。

異業種企業の社内SEへ転職

異業種の社内SEへ転職した場合、社内システムの運用や簡単な社内ツールの開発・運用、ヘルプデスクの手伝いなどを行う事が多く、ノルマや残業がほとんどない為、家事や育児との両立もしやすいでしょう。IT業界の最前線でバリバリ活躍していた女性エンジニアにとっては少し物足りなく感じる仕事かもしれませんが、出産や育児といった大きなライフイベントと仕事の両立を目指すのであればとてもメリットの大きな仕事と言えるでしょう。もし今後育児が落ち着き余裕ができた際には改めてIT業界への復帰という長期的なキャリアプランの形成も可能です。

派遣やフリーランスという働き方

派遣社員としてプロジェクトに参加する際も残業は少なく、事前に提示された就業時間内で働く事が可能です。また、プロジェクトごとに案件が発生するので事前にその期間を考慮したうえで応募の可否を決められる為、ライフイベントとの時期の兼ね合いをつけやすいというのも大きな魅力です。
また、一度現場を離れた後にフリーランスとして活動を再開する女性エンジニアも最近は多くなってきました。フリーランスであれば在宅で仕事を進められる為に家族との時間も確保できます。加えて自分の都合にあったペースや時間帯で仕事を進められます。案件の規模も様々なので、無理せず小さな案件をこなしながら家計の足しにするといった働き方が可能です。これも、エンジニアとしてのスキルを落とすことなくいずれ本格的に復帰する為の準備期間として活動する事ができます。

キャリアプランの組み立て方

これから結婚や出産をひかえる女性の場合、いきなり長期的なキャリアプランを形成するというのはどうしても難しい部分があります。なので、まずは「半年後のキャリアプランを形成してそれを達成し続ける」といったように短期スパンで考えていきましょう。その後に、大きなライフイベントに備えた長期的で大まかなキャリアプランを形成していけば臨機応変に対応していく事ができるでしょう。既に結婚している女性なら、パートナーと相談しながら将来についてじっくり考える事も大切です。

人気の記事

Copyright © 2014 女性エンジニアのお仕事ライフ All Rights Reserved.