女性エンジニアのお仕事ライフ

女性エンジニアならではのサービス開発を!

エンジニア業界の女性の割合が増えたら?

エンジニア業界の女性の割合が増えたら?

最近のIT業界においては女性エンジニアも多くなり、今後、益々の活躍が期待されています。従来、男性社会であったIT業界に女性が増えることで、どのような変化が起きるのでしょうか。女性エンジニアはIT業界の将来をどう捉えているのか、どのようなキャリアプランを持って仕事に臨んでいるのか、時代を先駆ける女性エンジニアの本音に迫ります。

「女性エンジニア」と呼ばれることへの違和感

エンジニアは職業の名称ですが、女性だけ何故か「女性エンジニア」と呼ばれるのは、未だに男性社会の名残と言えます。実際に今エンジニアとして活躍している女性の中にも「女性エンジニア」と特別視されることに違和感を覚える人もいます。ITが好き、プログラミングが好きというと才女のイメージが強いのですが、適性を活かした仕事を選んだだけであり、他の職業の女性と何ら変わらないとさえ思っています。しかし貴重な存在だけに口を開けば雑誌の取材もやってくるので、これから育つ女性エンジニアに道をつける為にも、敢えて「女性エンジニア」という肩書を背負っているのです。

女性エンジニアに期待されるサービスとは

女性エンジニアだから、女性ならではのサービスが増えることが期待されています。しかし、エンジニアにとっては女性特有のサービスを開発するよりも大切なことがあります。それは女性らしいサービスではなく、男性にもマッチした、つまり誰にでも使い易いサービスを研究することです。最初から女性らしさを追求するとどうしても偏りが現れてしまいます。男女の区別なく、ITが苦手な人でも利用し易いサービスを開発することが最優先となるのです。利用者の事を考えて「見易いデザイン」「色遣いが細やかなデザイン」「汎用性があるプログラミング」を開発することで、自然と「女性ならではのサービス」という結果に繋がってくるのです。

女性らしく働くということ

女性エンジニアが女性らしさを発揮する為には、女性として働くことが認められる様な職場環境である必要があります。女性が働きながら結婚・出産・子育て・復職を自然に行える職場環境があってこそ、女性ならではのサービスが生きてくるのです。女性エンジニアの数を増やすことだけではなく、職場環境作りをしていくことが求められます。女性として人生のあらゆる転機を迎えていく過程で「こんなサービスがあると便利かも」とアイデアが浮かぶ可能性もあります。特に子供やお年寄りの為のサービス開発はやはり女性が不便と感じた時点で思い浮かぶことになるでしょう。毎日長時間デスクでPCに向かっているだけでは斬新なアイデアは期待できません。男性が、女性が、という問題ではなく、今の世の中にどんなサービスがあればより便利か、という視点で物事を考えられる人材が求められているのです。

人気の記事

Copyright © 2014 女性エンジニアのお仕事ライフ All Rights Reserved.