女性エンジニアのお仕事ライフ

女性エンジニアが男女差を感じるときとは?

エンジニアは男も女も関係ない?

エンジニアは男も女も関係ない?

通常の企業などで女性の昇進が妨げられたりする時に、ガラスの天井と表現されることがあります。男女雇用機会均等法によって自由になったかのように見えても、女性の活用に苦慮する企業も多く、社内で居心地の悪い思いをしている女性も少なくないのが現状です。

女性エンジニアが男女差を感じる時

女性の進出とはいっても、IT分野では少数派に留まります。技術と知識さえあれば男女に関係はないとも思えるのですが、そこは出産が契機になるようです。すなわちITエンジニアの女性であっても、子供を持つまではあまり不自由を感じることなく、男性に交じって生き生きと活躍しています。人を見ながらそれぞれへの仕事の回し方を考えたり、チーム内で柔軟に仕事をやりくりしたりと、サポートの役割を自ら買って出ている場合も少なくありません。しかし、出産すると子供という不確定要素が常に予定に飛び込んできます。子供が熱を出すことはしょっちゅうですし、そのために一々職場を飛び出していれば、後ろめたい気持ちにもさせられます。そもそも出産休暇に続く育児休暇も、それほど長期間用意されているわけもありません。社内に託児所が無ければ、子供が小さいうちから一人で家に置いておくことなど出来ず、誰かに預けることになります。男性も育児休暇を取ることが出来るとはいえ、実行に移している人は数えるほどというのが現状です。保育所も数が足りないのは相変わらずで、順番待ちの長蛇の列です。そこでやむなくベビーシッターを雇ったり、家事代行を週に2、3日でも頼むとなれば、それ相応に高くつきます。

女性エンジニアのキャリアアップ

では、そのような不便に対する対策を考えると、自らのキャリアアップを図ることが一番ではないでしょうか。つまり、はじめはプログラマとして上司の指示に従うだけという形で仕事をしているために、深夜に帰宅して早朝出勤という形を取らざるを得ないとしても、キャリアアップによってはもっと柔軟に時間を活用できるのです。自分の企画を提案して採用されれば、ある程度自由にスケジュールを組むことが出来たり、仕事に張り合いが出てきます。もともと自分が不便だと思うようなことが、自分の力で変えられるとわかれば、エンジニアの仕事の魅力にとことんハマルかもしれません。

ITエンジニア不足は女性の活用で

多くの企業でITエンジニアが不足しているという声が上がっています。世の中の半分は女性であって、女性が必要とするサービスや商品の提供に関わる部分について、女性エンジニアが実現することができる価値は計り知れません。表面上は男女平等になっていても、いざその制度を使うことが出来なければ意味はありません。出産は女性特有であるとしても、今後の大介護時代には、男女共に旧来の仕事のやり方では乗り切れません。いち早くそれに気が付いて社内の環境を整える、まずは社内風土を変えることが大切です。

人気の記事

Copyright © 2014 女性エンジニアのお仕事ライフ All Rights Reserved.